細菌が生きれない世界を知ると保存に役立つ|自由水と結合水

水には2つの世界があり、一つは細菌が生きていけない世界

自由水結合水です。

簡単にご説明すると菌は水分中に多く存在します。 

魚とか野菜、肉  など水分含量が高いと腐りやすいのと関連してますよね^ ^  


しかし菌には、生きていける水と生きていけない水があります。

若豆

調理学校卒⇒某ミシュラン和食店⇒海外で寿司経験後、家業を継いだ若大将。現在はライターと寿司屋の4代目若として活動中。


自由水

自由水は、食品内の分子、粒子が自由に動き回ることができる水で蒸発したり流れ出たりする水です^ ^ 細菌はおもにこの中で生きています^ ^


結合水

逆に結合水は、食品内のある成分と水素結合で結びつき、分子、粒子の運動が抑制されています。なので、蒸発しにくい水分で、この中では生きていけません。 

人間が宇宙では生きていけない、、みないなもんですね笑笑 


保存に役立つ

これを利用すると日持ちや保存に繋がります。

例えば、漬物は糠漬けの塩分で脱水させてます。ここで抜けてるのは、自由水です。なので、生野菜より日持ちするという事ですね^ ^ 

極端に言えば乾物は水分を飛ばしてますので、その分菌が生きられる世界が狭いという事ですね^ ^ 

魚にした処理で塩を振ると聞いたとこあると思います。 これは臭みを流し出すのと同時に自由水も出してますので、気持ち長持ちします。(まぁ魚なので🐟限度はありますが) 

カラスミという高級食材ご存じかと思いますが、お正月の保存食として有名ですね^ ^ 

これも実は塩漬けの工程があります。1ヶ月かけて血抜き、塩水漬け、塩漬け、干し、の工程があるのであれだけの保存食になるんですよね。
もはや菌は生きていけない!笑 

ちなみにジャムは、自由水を蒸発させて糖分の塊なので菌は繁殖できず長持ちするということです^ ^ 

この自由水で菌は生きているので汁物はもちろん水分含量が多い食材は腐りやすいのです! 

日持ちさせたい時は、 

  • 干物 
  • ジャム
  • 漬物     

など

この知識で保存食に変えるのも一つの手ですね^ ^

塩や砂糖は、脱水効果があるので自由水が抜けて日持ちしやすくなりますよ^^
塩漬けや砂糖漬けとか!

浸透圧について⇩⇩

料理を楽しく・ラクにする便利料理器具

CTA-IMAGE 持ってて損はない!板前が家庭でも重宝する調理器具を紹介