!美味しい魚の選び方!

正直、何回か見慣れてないと上手くいきませんが。  一つの基準として情報を入れておくと、近道なんです💁‍♂️

あえてそんなによくない鯵を例に話していきます👍

 基本魚は、臓器や血合いから腐り始めます。 なので鮮度を確かめるのは、新鮮さが劣化しやすい臓器を見るのが1番わかりやすいのです。 


目は、劣化すると白く白濁していきます。黒光して透き通って居る目の魚を探しましょう^ – ^


ウロコ

ウロコがない魚も硬い魚も居ますが、鯵はウロコが剥がれやすいので、古い鯵や劣化した鯵はウロコが取れてなくなっています。 びっしりウロコがついたものを選びましょう^ ^


エラ

ここはスーパーでは見れないかもしれないですが、一応お話します。エラは時間が経つと黒ずんできます。

ちょっと見づらいですね、すみません😵
 イメージとしては、

これくらい綺麗な色をしてる時あります笑
が、劣化すると

☝黒ずんだ赤になって行きます^ ^ 

イメージですみません。 (笑)

綺麗な赤色がベストですね^ – ^ 


身の張り方と腹

お腹中までは、見せてもらえないのでここが難しいところですよね( ;  ; )内蔵は時間が経つと溶け出してきます。さらに時間が経つと溶けた内臓が腹身を溶かしていきます。

このアジもすこーし黄色じみてきてるのわかりますかね。

腹身まで黄色く変色して溶けると外から触ってもわかるくらいブヨブヨになるので触れるようなら、お腹や身を押して弾力があるのがベストですね^ – ^ 

とは言ってもスーパーの物をぺたぺた触るのはご法度です

身の色合いを基準にしてみて下さい^ – ^ 

まとめとして、アジは
目は透き通った黒光! ウロコがびっしり、身は青々して且つふっくら太っているアジがベストです♪ 何回も見ているうちになんとなくの感覚が見えてきます^ ^ ただ基準がわからないとなんとなくの感覚までわからないままなので、一つの指標として見てください^ ^

今後、他の魚も紹介していきまね。

料理を楽しく・ラクにする便利料理器具

CTA-IMAGE 持ってて損はない!板前が家庭でも重宝する調理器具を紹介