【豆知識】家庭でもできる銀杏の簡単薄皮むき|手も臭くなりにくいし最高!!

自宅で銀杏を取って食べる家庭は少ないですかね?? 

銀杏の内側の薄皮ってニンニクみたいに一個一個剥くの大変ですよね。

正直冷凍しておいてもあとで茶碗蒸しとかの具材で使える銀杏の簡単皮むきを時期は違いますが(笑)ご紹介します。


簡単皮むきの前に

取れたてのおいしい銀杏はやはり塩で煎るや揚げ銀杏で召し上がるのがおすすめです^^

この方法は、冷凍保存してあったり又、大量調理の場合、多少色が悪くてもしていいよって方におすすめです。

綺麗な翡翠色は、180°cの油で揚げるか煎るのがおいしさも引き立てて一番きれいな色に仕上がります。


銀杏簡単皮むきのやり方

1、まず殻を取った銀杏を用意して下さい。

2、適当に殻だけ剥けば大丈夫です。 水をいれて火にかけます。

3、沸騰してきたら、穴空きのお玉を用意します。

4、お玉の底の面を銀杏に擦り付けて、ぐるぐる回します。

5、皮が剥がれてきます。

6、皮を流すとこんなにも簡単に皮がむけます。 あとは、残りの2,3個を剥くだけ(残りも剥けやすくなってますのでお玉でちょこちょこやるより手のが速いですね)


なんでこんなに簡単に剥けるのか

沸騰することで皮はふやけ、皮と身の間に空洞ができてお湯が入ってくるので、

あとはお玉で擦るだけで剥けてしまうのです^^

みなさん銀杏調理することあったらやってみて下さい!!^^

料理を楽しく・ラクにする便利料理器具

CTA-IMAGE 持ってて損はない!板前が家庭でも重宝する調理器具を紹介