カレーの隠し味!10種|お家で試してみて?こんなにもあるカレーの隠し味

市販のルーを使えば簡単に出来てしまう。簡単料理の代名詞カレーですが、毎回作っていくとなんか自分なりにアレンジしてみたいときありますよね。

市販のルーからでも隠し味で十分にオリジナリティを出せます!!

擦りリンゴやニンニク・味噌などカレーにいれると風味や味が変わって中にはコクがでて美味しいというものも沢山あります。

そんなカレーの隠し味を若豆10選でご紹介します!!

やったことないものがあれば試してみて下さい!

若豆

調理学校卒⇒某ミシュラン和食店⇒海外で寿司経験後、家業を継いだ若大将。現在はライターと寿司屋の4代目若として活動中。

ここでは、初心者から料理上達を目指す方まで、料理の楽しさから便利になる豆知識・基礎やプロの技まで、料理に関する有益な情報を投稿中。

☝若豆 カレー隠し味ランキング☝


カレーの隠し味

カレーの隠し味10選!!

ニンニク

ニンニクを入れることで風味が増す!! とも言われていますが、若豆がニンニクをすすめる理由は、ニンニクの旨味成分にあります。 

ニンニクには、グルタミン酸が含まれていてその含有量は食材トップクラス!! 旨味が多いのでアヒージョやパスタなど西洋料理でも古くから好んで使用されています。 旨味を引き立てることができるニンニクの隠し味おススメです。

摩り下ろして加えることで細かい粒子状になるので旨味を出すのに速攻性があります。摩り下ろす場合は、後半に加えることをおススメします。

ニンニクの豆知識(簡単皮むき)  👈ココ

リンゴ

酸味と甘みがあるリンゴは、摩り下ろし or リンゴジュース など入れ方でも変わります。

加糖されているリンゴジュースの場合はコクも引き立てることもできます。(リンゴジュースで加える場合は、割る水の分量を減らして使うのでシャバシャバにならないように注意してください)

摩り下ろしリンゴの場合は前半に加えて煮込む(加熱)と酸味は揮発するので甘味だけを残したカレーができて、後半に加えてあまり火を加えず和えることで酸味と甘みを残したカレーができます。

はちみつ

はちみつは、まろやかな甘味が特徴的です。

カレーに強めのコクを加えたい時には、はちみつ! 天然糖分のはちみつは体にもいいとされているので通常の砂糖を加えて甘味を出したい時は、はちみつをおすすめします。入れすぎなければ、カレーの辛味も引き立てながらまろやかに仕上げることができます。

加糖タイプのはちみつもあります。糖分を気にされるかたは、天然のはちみつ(純粋はちみつ)がいいでしょう。

バター

全体的にカレーの辛味を抑えながらまろやかさと風味を出せるのがバターです。

乳製品で脂質がある分、辛味を抑えてくれます。

中濃ソース、ウスターソース

王道!中濃ソースやウスターソースには、野菜や果実の旨味を閉じ込めているものが多いのでカレーにそのまま旨味を乗せたいという時に重宝されます。

なにか物足りない、でも変な風味を増やしたくない。そんなときに大匙1くらい入れてみて下さい。 旨味と甘味と塩っ気もある中濃ソースがグンと引き締まったカレーに仕上げてくれます。

料理には欠かせない旨味  👈ココ

オイスターソース

旨味と言えば、牡蠣油を使用した。オイスターソース!

ニンニクに続き、旨味をカレーに加えることで違った風味・旨味のカレーに仕上げることができます

8人前のカレーに対して、大さじ1~2程であとはお好みで調整可能です。

チョコレート

大人のビターカレーに仕上げたい時には、チョコレートです。

チョコレートの苦味がしっかり際立ちます。 入れるチョコレートの種類によっても苦味や風味が変わってくるので色々試してみたい凝りたい方は、様々なチョコレートで試して好みのチョコレートを探す旅に出てみては??(笑)


牛乳

まろやかさで言うとバターに続き牛乳もまろやかさを出してくれます。

辛味が苦手の方は、牛乳で抑制することが可能です。

味噌

お味噌でもまた味噌特有のコクを加えることができます。

塩分が強めなので、入れすぎには注意することと味噌の風味は、加熱により揮発しやすいので、最後火を消してからカレーを別にとり味噌を溶かしてから加えることをおススメします。塊のまま鍋に加えると効率よく混ざりません。

インスタントコーヒー

インスタントコーヒーを入れるとコクや深みを加えることができます。 まるで欧風カレーのような!!

またコーヒーの香りからカレー自体に香ばしさを足すこともできます^^

市販のカレーパック8人分なら、小匙2杯~で調整可能です。

まとめ

まだまだ隠し味は沢山あると思いますが、若豆おススメのカレーの隠し味でした!

掛け合わせてオリジナルのカレーを作ってみるのも面白いです。これはご自身の感覚で選択肢は五万とありますから^^

例えば、チョコレートで苦味を出したけどコクがもっと欲しいからはちみつを加えました! とかですね。

ただ、入れすぎには、注意です! 隠し 味ではなくなってしまいます(笑)

カレー作りも楽しくやりましょう!料理に正解はありません^^

料理を楽しく・ラクにする便利料理器具

CTA-IMAGE 持ってて損はない!板前が家庭でも重宝する調理器具を紹介